詩文などで、より良い文に練り上げることを推敲(すいこう)と言うが、
英語では、"Polish" すなわち、


また、わずか一文字を変えるだ指紋機けで文全体が良くなることがある。
そのような存在のことを「一字の師」というそうだ。

この言葉が生まれた故事としては、
中国・唐の時代の詩人である鄭谷(ていや)が
斉己(さいき) の詩「早梅詩」の一文字を変えることによって変わったとされる。
その詩は、
前邑深雪裏  (前の村、降り積もった雪のその向こう)
昨夜数枝開  (昨夜、その数枝に早咲きの梅が数輪花をつけている)

というのが、もともとの詩で、
この「数」の文字を「一(いち)」に変えたという。

それだけのことだが、眼に浮かぶイメージは、たしかに違う。
たかが一文字だが、
それによって受ける印象が大きく違っ皇室纖形 旺角て来る。


携帯電話のメールが普及してから文字だけではなく、
「絵文字」がついたメールをもらうようになった。
この「絵文字」は、今や、PC にも入っており、世界至る所で使われている。
どうも日本発のようだ。

このたび、イギリスのオックスフォード辞書に新語が追加されたという。
おもに、食品やハイテク、ファッションといった分野の言葉が新しく加わっている。
そういった文字の中に"emoji" の文字が加わることになったそうだ。
「絵文字」は国際語として認定されたことになった。

雰囲気にあった、なかなかセンスの良い絵文字をもらうことがある。

これなども「一字の師」と呼aveeno baby 香港ぶべき?