Créer mon blog M'identifier

ら伝えられるものを聞き取り

Le 23 février 2016, 08:26 dans Humeurs 0

古代ギリシャの重要な神事に『デルフォイ(Delphoi)の神託(Oracle)』なるものがある。
これはギリシャのデルポイにあるアポロン神殿で紀元前8世紀頃から
行なわれていた神の意を伺う神事。
トランス状態になったシャーマン(巫女)の口か、
解釈するもの。


こんなもので重要なものが決めるのか?と思ったりするが、
この神託でよく知られるものでいえば、
ソクラテスを最高の賢者の一人とすること
オイディプス王の父ライオス王に下された
「いつの日か王の息子が王を殺害し、王の妻を娶(めと)るだろう」の神託。
そして、オイディプスはこの神託の通りになるという悲劇で知られる。
この神託は1000年もの長き間、絶対的なものだった。
このアポロン神殿には「汝自身を知れ」「分(ぶん)を知れ」そして「おまえは在る」
の三つのことが書かれていたという。
人間に下された、重要な普遍の神託とも言えるものらしい。

「神託(Oracle)」といえば、"Yahoo!" の名前の由来にもこの文字が出てくる。
Yahoo! は、今やIT 関連の様々なものを包含した企業体になっているが、
もともとは、インターネット上に個人的な興味を記録することを目的としていた。
いわば自分たちの「道しるべ」として作ったもの。
そんなところから遊び半分でつけた名前が、YAHOOの頭文字から
"Yet Another Hierarchical Officious Oracle" というもの。
この言葉を訳すと、「さらにもう一つの階層的で押し付けがましい神託」
という遊び心に溢れた名称の略という話がある。
”Yahoo!”には「やったね!」の意味もあるが、
創業者の二人は「ならず者」の意で”Yahoo”を選んだとしている。

この”Yahoo!”、かつては IT のトップランナーだったが、ここしばらくは、
業績が低下しているようだ。「身売り」という話も聞かれるという。
これまでトップランナーとして、様々な「神託(Oracle)」を下してきたが、
業績悪化に伴い「汝自身を知れ」「分(ぶん)を知れ」という事にもなっているようだ。
ただ、築き上げた”Yahoo!”ブランドの価値は高い。
そのため、いくら業績が低下しても「おまえは在る」
ということだけは、間違いなく続く。

これが、”Yahoo!” すなわち「やったね!」 となるためには、
なんらかの飛躍的な「神託(Oracle)」が必要だ

おいしいね

Le 19 février 2016, 03:34 dans Humeurs 0


「おっぱいまんじゅう」の本名発見。
「富士山頂」という。
「おっぱい」と「富士山」…。
連想ゲームのお題にしたところで痛症治療正解には行き着きそうも無い。
いや、待てよ。
試しにやってみようか…。
カンフレにオヤツを渡したら愛称を教えて…「本名」はな~んだ?
なんてね。

テッペンに乗ってるチョコレートのコーヒービットが何なのかもわかった。
あれは富士山の頂上詩琳美容にあった測候所をイメージしたものなんだそうだ。
残念ながら今は存在しない。
2004年に閉鎖になった。
春、夏、秋、冬と日本一高い所で気象観測をしてた人がいたなんてすごいよね。
毎日、毎日どんな景色が見えたのかなあ。
富士山に住んだら 住民票の住所は「富士山頂」になるのかしら?

今日のお瑪姬美容 去印やつは果物。

おかしくて、笑えるんです

Le 17 février 2016, 07:53 dans Humeurs 0

本当だわ。今一度自分の人生を考えな搬寫字樓いとね。何度とな
くそう思いつつ、あっという間に過ぎてしまうわ。


さあ、いまエレベーターで一緒になった小学生に「雪楽しか
った…?」嬉しそうに、「うん……」と3人が言い子どもって、
可愛いです。朝近くの医院に行ったら、いつもの若いママさん
と男の子がいてね。「昨日雪遊びしててビショビショになり頭痛
いだって…」と、診察にきていました。私はいくつになっても、
雪が降ると嬉しくなるのです。アツハアッハ。もうすっかり
とけました。
いくつになっても、幼稚なんです。むかし、とても辛いと感じ
てた日々。でも、いつも夢見ていました。
夢見る人だったんです(苦笑)。だから、何があったって、春ど
こからともなく、白馬の王子さまが救いに来てくれるんだ。なんて
夢みてたんです。そうやって、それを信じる瑪姬美容 暗瘡ことで、……困苦を
笑って過ごせましたが。自然に自分が。
なんか、そんな心が楽しいんですもの。怒りなんてなくなるし、
自分が面白くてね。信じて王子様をホントに待つのです。
それがいいんです。うっふふ。

☆自然っていいな四季っていいな☆

春っていいな夢が見られる
白に黄色にピンクに次々と咲く
山も野も田舎も街もあちらこちらから花は咲く
白馬の王子がどこからかあらわれる気がし
桜咲き美しき春色のピンクの世界
春はうれしい喜びの季節
なんかいいことあるよう

夏っていいななんか明るくなれる
夏は木々の葉が新緑に育ちゆく
強い真夏の太陽をさえぎるように
枝には葉が生き生きとその葉の下では涼風が
白馬の王子さまはいずこか
海や青空白い雲太陽輝く青と白の世界
夏はのびのびと楽しいゆとり季節

秋っていいな寂しさを見つめられる
幼なを想いちちははを想う秋の夜長
虫たちは鳴き稲穂は黄金に実りざわざわと
白馬の王子をひとり懐かしみ想う
秋風は吹き紅葉が山々を染めていく
赤や黄色のああ美しい彩りの世界
秋はなんだかもの悲しくもさびしい季節

厳しい寒さは身も心をも引き締める
北風は吹きあれ落ち葉たちは舞う踊る
裸木がうす暗い冬を影絵の如くで美しい
白馬の王子さまは春には春には
冬だ雪だ北風だああ白黒の世界
なんか人恋しくてNespresso咖啡機だけどなぜか温くなる季節
自然っていいな四季っていいな

Voir la suite ≫